お風呂でする自己処理のカミソリ脱毛について、コツを紹介

脱毛の自己処理って、みなさん必ず行いますよね。
サロンに通っている間も少し生えてしまったムダ毛をなくすのにカミソリでの自己処理は必須かと思います。

そのときにシェービングクリームなどを塗って自己処理をするかと思いますが、
シェービングクリームがなくなってしまったときの脱毛方法について書きたいと思います。

シェービングクリームの代わりに、「コンディショナー」を使ってカミソリ脱毛を行います。

使い方は、普通のシェービングクリームと同じで、
毛を剃りたいところにコンディショナーを薄く延ばしてその上からカミソリを当てて毛を剃っていきます。

そのあとは手でコンディショナーを塗ったところをヌルつきがなくなるまでよく洗います。

コンディショナーをシェービングクリーム代わりに使うと肌を傷めることなくきれいに脱毛することができますし、
コンディショナー自体が少量で伸びがとてもよいのでコスパも良いです。

「コンディショナー」ってシャンプーと同時に新しいものを使い始めても必ず余ってしまいますよね。

余ったコンディショナーの使い道に困っている方や、
シェービングクリームの代用品を探している方にぜひ試していただきたいです。

⇒溝の口の脱もサロン情報TOPへ

敏感肌、オイリー肌のスキンケア方法

私は元々オイリー肌で悩んでいました。
毛深いでの脱毛にも行っていますが、こういう悩みもあるんです。

そのせいで時間が経つとだんだんテカってきたり、ニキビができやすい肌質でした。
なのでスキンケアする時はなるべく保湿クリームのような油分が多いもの逆効果だと勝手に思い、避けていました。

でもネットで調べた時に、オイリー肌の人こそ保湿をしないといけないと書かれていて驚きました。
それから週に2・3回パックをするようにしたり、保湿クリームをしっかり塗るようになりました。

私は敏感肌も悩みだったのでメイクを落とす時はオイルクレンジングからミルククレンジングに変えたり、
洗顔をする時はもこもこの泡で洗うようにしてなるべく肌に刺激がないようにしています。

そのおかげかだんだんと時間が経ってもテカることが少なくなっていったし、
敏感肌なのもだんだん改善されていきました。高い化粧品は買えないので、
ドラッグストアで買えるもので色んな化粧品を試して来ましたが、
今は豆乳イソフラボンのシリーズで落ち着いています。

安いのに肌がモチモチになり、保湿されている感じがするのでほんとに気に入っています。

⇒溝の口の脱もサロン情報TOPへ